参院選を機に変わるか(細かい話)

参院選が終わりました。党に新たな女性議員、田村まみ参議も生まれ、頼もしい限りです。

さて、国会の運営に関し、例えばバリアフリーを一つ取っても、急速に改善が進まざるをえない状況になったことに、秘書某は、今回の結果はとても意義があると思っています。

現状では、本会議場の議員の座っているフロアには議員しか入れません。秘書も立ち入ることができません。付添人を議場に入れるにはルールの見直しが必要になってきます。また、参議院の議場では議決はボタン式であり、どう対応するのか検討されると思われます。

(なお、衆議院の場合はボタン式にもなっておらず、議員一人ひとりが歩いて、前方にある投票箱に札を入れていきます。積み上げられた札の高さで投票数を計算しています。。。)

今年1月には衆議院本会議で、国民民主党の玉木代表が、原稿を紙ではなくタブレット端末での持込みを試みたところ、「前例がない」という理由で認められず、玉木代表は「こうした古いルールを改めて進めていこう」と訴えました。タブレット禁止という明文の衆院規則はないですが、解釈でそのように運用しているようです。

「前例がない」という理由を使い続け、現状維持で後手に回っていくことは、変容していく社会と政治現場とのずれを広げるように思います。

なお、その後、科学技術政策担当の平井大臣が内閣委員会で、政府側としては初めてタブレット端末を持ち込み、答弁に立ちました。(注:委員会レベルでは質疑者側がタブレット端末を使用することはこれまでもあったそうです。)

ところで、資料のペーパーレス化一つを取っても、与野党議員で構成される「平成のうちに」改革実現会議で、ようやく少しずつ実現が進んできました。この実現会議は、平成26年当時の与野党申し合わせ項目を議論の根本にしており、もう5年も経過していますから、これまでなかなか進まなかったことが伺われます。
参院選を機に変わるか(細かい話)


写真は6月4日の「平成のうち」の会議の様子。人が多すぎて写真がブレました。

参院選を機に変わるか(細かい話)


なお、ペーパーレス化は書類の種類によっては規則改正が不要な部分もあり、ようやく昨年から、随時、一部実現しており今後も進んで行くようです。

国会の細かいところで、なかなか物事が変化しないところ等、日頃から不思議に思うところがあったので、参院選結果を機に、以上まとめてみました。

青山が今この場所にいるからこそ、現状に麻痺せず、痛感する点です。
有権者の皆様へお伝えすべく、現場で気づいたことを発信していきますので宜しくお願いします。


◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

◆国会での活動内容について今すぐ知りたい方は→今国会での登壇質疑まとめ(長文です!)

つくばエクスプレス8両化へドンッと前進!

国会議事堂見学をするということ

国会あれこれ(新聞の日程動静欄の話)


同じカテゴリー(今日の青山大人)の記事画像
霞ヶ浦高校の皆、どうもありがとう & 不屈の横澤参議との一枚
茨城産、幻の「納豆ソフト」食レポ@イバラキセンスカフェ
臨時国会や土浦キララ祭りなど駆け足の5日間
つくばの【福来みかん】の思い出と【イバラキセンス】の新メニュー
【第198回国会】今年前半の法案成立の振り返り
【石岡のお祭り】交通規制の見直し求める署名や【つくば】で七夕コンサート
参院選もあと数日
消防団の競技大会を終えて
同じカテゴリー(今日の青山大人)の記事
 霞ヶ浦高校の皆、どうもありがとう & 不屈の横澤参議との一枚 (2019-08-13 17:00)
 茨城産、幻の「納豆ソフト」食レポ@イバラキセンスカフェ (2019-08-09 17:00)
 臨時国会や土浦キララ祭りなど駆け足の5日間 (2019-08-06 16:00)
 つくばの【福来みかん】の思い出と【イバラキセンス】の新メニュー (2019-08-02 17:00)
 【第198回国会】今年前半の法案成立の振り返り (2019-07-30 17:00)
 【石岡のお祭り】交通規制の見直し求める署名や【つくば】で七夕コンサート (2019-07-26 17:30)
 参院選もあと数日 (2019-07-17 14:06)
 消防団の競技大会を終えて (2019-07-16 14:00)
Posted by 青山大人 at 2019年07月23日 18:00│Comments(0)今日の青山大人国会のリアルんだ、秘書レポ。
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)

  • 衆議院外務委員会委員、衆議院科学技術イノベーション推進特別委員会委員


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」