ノルウェー国会議員団をお迎え

8/30は土浦駅西口での朝活を終え、しばしの休息。ノルウェー国会の外務防衛常任委員会の皆さまが訪日され、青山も加入する日本ノルウェー友好議員連盟で歓迎の昼食会を開催しました。


NATO加盟、EU非加盟の独自路線外交のノルウェー。小国ながら外交で存在感を発揮しております。ご存知の通り、ノーベル平和賞の授賞式は首都オスロです。冬のスポーツやムンクの叫びなど日本との繋がりも結構深いです。
地元で大変お世話になっている方のご縁でノルウェー議連に入りました。ノルウェー大使館研修生の方が筑波大の卒業生というのもさらにノルウェーとのご縁を感じました。






ノルウェー大使館の後援で、この秋にも再びムンク展が東京都美術館で開催されるそうです。





  

茨城県は宇宙産業拠点★

突然ですが、茨城県は宇宙開発を応援しています。宇宙産業の今後の展開を期待し、県は財政支援等に取り組んでいます。青山も今年5月にはつくばのJAXAを視察しており、とても関心のある分野です。


つくば市には国の研究機関の他、約150の民間研究所、そしてベンチャー企業も数多く立ち上げられています。TXと茨城空港により都心、海外へのアクセスも向上しています。今回、県はベンチャー企業へのオフィス賃料補助、投資ファンド、研究支援等を通じ、茨城を宇宙ビジネス拠点としていくことを打ち出しました。

宇宙産業において、衛星データは災害予測の精度向上や、農作物の成育管理にも活用・応用されているそうです。
今なぜ宇宙なのか、いえいえ、これからこそが宇宙ではと思います。雇用の創出や、現状の環境等の問題解決につながるかもしれません。宇宙からでは視点も規模も違います。宇宙ベンチャー育成に向けて内閣府等も支援パッケージを用意しています。
  

国民民主党代表選を追う

国民民主党のtwitterをフォローして頂くと一番早く、わかりやすい情報が得られると思います。こちら→
https://twitter.com/DPFPnews

8/27日(月) 20:00~21:55にBSフジにて、「BSフジ LIVE プライムニュース」国民民主党代表選候補者(生出演)もあります。
番組HP★ http://www.bsfuji.tv/primenews/

党から各議員事務所に代表選候補者日程予定が届くのですが、一日のうちに大阪から愛媛、翌日は岩手と埼玉、その翌日は岡山で夜には都内でTV出演と、日本各地を候補者が駆け巡っています。
選挙はまさに体力勝負! その中での一期一会です。


秘書某個人的には、玉木選対(選挙対策本部の略。)のニュースで「ニコニコしまくる討論会」という記事がツボにはまりました。ニコ動主催の討論会なのに全然ニコニコせず一時間経過したという前回の代表選時の反省から、今回8/23のニコニコ動画での討論会には笑顔で挑んだそうですが如何に。
  

朝活日記 夏

朝活を再開。こちらは荒川沖駅です。



瓦版87号は通常版よりもボリュームが多い拡大号です。昨年の当選から7月の通常国会まで、青山の活動を振り返る内容になっています。



8月も残り1週間ですね。
  

国民民主党代表選告示日 ~新宿西口レポ~

昨日は国民民主党の代表選告示日で、夕方には新宿西口前で候補者の街頭演説会が開かれました。秘書某も応援に入りました。応援とは、ずばりビラ配布です。


ネットやTVの中でなく、リアルに政治家がそこにいて話している、声が聞こえてくる、ビラも出てくる、というのが街頭演説会です。18時過ぎでちょうど帰宅途中やどこかへ行き急ぐ方々で大変なごった返し様でした。
「政治家」が「人間」として存在するから、人は応援(支持)したくも小言も言いたくなるのだろうし、「政治家」ってそういう役割なんだよなあ、と改めて思った次第でした。

政治家が目の前に現れることなどなく、まったく存在が感じられない、誰が国を動かしているかわからない社会だとしたら、人々が持つ、国や時勢という抽象的なものに対する感情のはけ口は、一体どこへ向かうんだろうと思います。

さて、代表選の投開票は9月4日です。玉木雄一郎候補と津村啓介候補が出馬しています。青山が支持する玉木候補は「生活の安心と豊かな地方を取り戻す」をメインに掲げています。


具体策として、幼児教育無償化や不妊治療の保険対象化、参議院の在り方見直し、IT時代の忘れられる権利の創設、防災省を創設し縦割りをこえた総合的な防災対策(→安心へ)、小学校を高齢者に開放し子供と高齢者の「世代共学」、公文書のオンライン永久保存とバックアップ義務付け(→正直で開かれた政府を作る)等の政策をあげています。
党運営改革としては、自民党に代わる政権を担う核となること、代表自ら論戦の最前線に立つこと等を掲げています。



ところで、青山やまと事務所のfacebookも時折ひっそりと更新しております。青山本人のfacebookとはまた違った視点です。どうぞよろしくお願いします。
https://www.facebook.com/aoyamayamatooffice/

  

8月の地元再発見!

8月は地元のお祭りが目白押しです。茨城南部の魅力を次々ご紹介していきます。
人とのかけがえのない出会いがいっぱいありました。地元の活力が清々しい瞬間がたくさんありました。
昨夜は、江戸時代から続く土浦市大畑での例祭。からかさ万灯という、五穀豊穣、天下泰平、家内安全を祈願し奉納される仕掛け花火が素晴らしかったです。昨日15日に天下泰平を祈願することの重さを改めて感じました。(写真は過去に参加した際のもの)




つくば市商工会青年部の納涼盆踊り大会も先週行われました。萩島実行委員長お疲れ様でした!


8/11に行われた有明フェスティバル@石岡です。ご存知ですか? 廃校となった有明中学校跡地で、おととしから開催されているお祭りです。今回逃したかたはぜひ来年お越しください!





  

附帯決議による民意の伝え方

働き方改革について振り返ります。
働き方改革関連法案では、法律の条文の形にはならなかったものの、青山の属する国民民主党は、法律の附帯決議として民意(例えば、過労死防止のため労基署による違法長時間労働の指導監督徹底や、パワハラ監視、顧客による著しい迷惑行為について実態把握と対応策の検討要求)を反映することを結実させました。


そもそも、この働き方改革関連法案は複数の法案が一括りにされており、国民民主党は、時間外労働の上限規制設置等は実現すべきと判断した一方で、過労死促進につながる高度プロフェッショナル制度導入は反対すべきと考えました。
また、法案成立後に制度詳細を省令で作るという理由で答弁を十分に行わない大臣に対し、問責決議案を出しましたが、否決されました。

そこで、仮に法案が成立したとして、労働政策審議会で省令作成に向けた審議が今後行われていくことを見据え、労働者代表がしっかりと審議できるよう、充実した附帯決議を付けることが重要だと考えました。法律の条文には盛り込まれなかった問題点を附帯決議に記載しておくことで、審議の議題に乗せることが可能となり、省令にその内容を反映できるからです。

数の論理で法案否決は叶わなかったものの、附帯決議に与党も賛成させ採択させたことで、今後、省令作成の元となる労働政策審議会での審議の基盤を築くことができました。
このように、民意を政治にしっかり反映させるために、附帯決議で与党に事実上しばりをかける方法は野党の戦い方の一つと言えます。

有権者によって色々思うところはあるでしょうが、一党だけではこれら附帯決議に書かれている内容はすっぽり抜け落ちて世の中に出てこなくなるわけです。

この世の中は意見が多様であることは当たり前で、その中で、どうすればより多くの人にとって良い状況となるか、現状が好転するかを考え、私たちは活動しています。

単に反対するのではなく、一見、手の打ちようがないような困難な状況でも、解決策を探り、提示しました。地道に現状を改善していくことに国民民主党は今後も努めます。  

今年もキララ祭り

台風が過ぎて、今は少し落ち着いています。
さて、先週土日は土浦キララ祭りでした。このお祭りはもともと七夕祭りでした。年々パワーアップしています。青山も参加しました。


祭りの後。また来年! 






  

政治ラボにお申込みありがとうございます!

政治ラボ第2回にお申込みを頂いた方へは、随時返信メールを差し上げています。携帯電話のアドレスの場合、こちらからのメールが届かないことがあります。

まだお席に余裕があります。地方議員等を志す方以外のご参加ももちろんお待ちしています! お申込方法は、政治ラボ第2回をご確認下さい。

今の日本の政治の現場の臨場感を知りたい方、自分の生活を政治がどうつながっているのか知りたい方、お待ちしております。
なお、今回の会場は椅子着席形式です。
政治は遠くない、政治を身近に!  

朝活日記

朝活してます。県議の頃から(正確には県議になる前から)選挙の有無に関わらずマイペースに続けています。この基本スタンスは変わりません。この数年の間には駅の建物が移り変わり、対象の駅も増えました。
夏の朝日が眩しい!


こちらは万博記念公園駅。いってらっしゃいませ!

朝活をなぜしているの、と時々聞かれますが、その答えはこちら
暑い日が続きますので皆様、熱中症にはお気をつけください。

  

政治ラボ第2回開催のお知らせ

●参加者募集中! 政治ラボ第2回開催のお知らせ●
ゲストは衆議院議員 髙木錬太郎氏(下積みの秘書時代があり人間味あふれる議員です。奥様は地方議員をされています。)

◆~元秘書同士が語る政治の修羅場~◆
秘書経験のある1期生二人が、政治の現場を語ります。政治に興味のある方、日本の政治の現場が今どうなっているのか知りたい方、ぜひご参加下さい。政治は遠くない、政治を身近に!

★開催詳細★
9/1(土)15:00-16:30
茨城県県南生涯学習センター 小講座室2 (JR土浦駅前旧ウララ内)
募集人数:先着25名
参加費:500円
その他:終了後希望者にて別途会費制懇親会あり
お申込み方法:①お名前 ②ご住所 ③ご連絡先 ④ご年齢 ⑤ご職業を、info@aoyamayamato.net もしくは FAX029-828-7012 まで送付ください。
 なお、会場への直接のお問い合わせはお止めください。
★政治ラボは議員秘書や地方議員をめざす心意気のある人材の発掘も兼ねています。我こそはと思う方、自分の進路選択肢としてどうもこれが気になるという方、ぜひご参加ください。お待ちしています。★


  

恋瀬川の改修に向けて現地視察をしました

8/1は恋瀬川の河川改修事業について、これまで度々氾濫する石岡市片野地区の光安寺橋から地元の皆さまのご案内で現況を視察しました。
現在は、県が中心となり、五輪堂橋から川又川合流部までの川幅が狭い区間の掘削工事を行いながら、光安寺橋の架け替えに向け、橋梁設計をするところです。国の方でしっかり予算を確保し、県の事業がスムーズに進むよう取り組んでいきます。




  

QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」