阿見町教育委員会へ文化財ショーケースの寄贈式典へ

土浦市の高森さんが、阿見町教育委員会へ文化財ショーケースの寄贈をするのにご一緒させて頂きました。

先般、阿見町で平安時代の仮名文字が書かれた墨書土器が出土されました。地方への仮名文字の普及を知る上での一級資料で、古代常陸国の文化的な側面を伝える貴重なものだそうです。

阿見町ではこれを町民の皆さまに是非見てもらおうと、町役場の一階ロビーに。高森さんが寄贈したショーケースの中に入っております。お立ち寄りの際は是非ご覧ください。  

県議会報告かわら版41号完成

県議会が閉会して2週間弱になりますが、なかなかパソコンの前にゆっくり座る時間がなく、県議会報告41号の作成が遅れてしまいました。今朝、ようやく完成。

来週から駅などで配ります。
  

2020年オリンピック・パラリンピックの東京招致へ

2020年オリンピック・パラリンピックの東京への招致実現の協力要請に、超党派の東京都議会議員の方々4名が県議会議長、知事のところへお越しになりました。

来年9月に開催国が決定します。現在、東京、イスタンブール、マドリードの3市が候補地に残っております。IOCが独自調査する世論の支持率が一番重要なポイントとのことです。是非、盛り上げていきましょう  

県内各団体との意見交換会

毎年この時期は県内各団体から、政策提言や要望等のヒアリングを行っております。今日はその2日目。

私たちは地域の方々からのご意見はもちろんのこと、こういった各団体からのご意見を加味しながら政策に反映させていきます。  

委員会の発言が読売新聞に掲載

昨日の読売新聞に調査特別委員会での青山の「つくば国際戦略総合特区」に関する質問が掲載されました。

さて、今日で6月議会が終了。9月議会では本会議で代表質問予定です。  

Posted by 青山大人 at 2012年06月15日 23:00Comments(0)県政

調査特別委員会にて

昨日は県議会調査特別委員会。科学技術を活かした産業活性化に向けた取り組みをテーマに議論。

つくば国際戦略総合特区の推進、J-PARCの利活用の促進、科学技術を支える基盤強化と技術開発を活かした新産業新事業の創出支援の3つが大きな柱。  

Posted by 青山大人 at 2012年06月14日 23:00Comments(0)県政

文教警察委員会にて

県議会文教警察委員会にて、今回は下記の5つの項目を質問しました。①来年から始まる県立高校入試の新選抜制度②県生涯学習センターの再編③平成31年開催の茨城国体に向けての選手強化策④県内の小中高での原子力教育⑤県警の危機管理体制の再構築の進捗状況

来年の県立高校入試から現行の推薦入試を廃止することが、昨年決まりました。原則として受験者全員に5教科の学力検査を課す一方、各学校の裁量で面接や実技試験を行い、文化、芸術、体育などの分野で秀でた生徒を選抜できる「特色選抜」という枠を設けられることになっております。しかし、受験生から「特色選抜」について、どのような対策をしたらいいのかわからず困っているとの相談をいくつか受けたこともあり、その辺のことを質問しました。

これに対して県教育庁から、①例年10月に実施細則において入学者選抜の詳細を発表しているが、今年は受験生に配慮し6月末を目途に公表する②学力検査だけではない能力や個性を反映するため、学校によっては学力検査以外の部分の配点を重く見ることもあり得るとの答弁がありました。

受験生のみんな夢に向かって頑張ろう!  

Posted by 青山大人 at 2012年06月11日 23:00Comments(0)県政

6月議会始まる。

月曜から県議会が始まりました。昨日今日は本会議にて一般質問。8人の県議がさまざまな角度からの質問をしました。いくつかピックアップしますが、やはり一番は神栖市のヒ素化合物による健康被害への県の対応をしっかり示したことではないでしょうか。

5月11日に公害等調整委員会にて、県の責任を認めた裁定が出されました。これを受けて県が提訴するのかどうか。私たちの会派としては、被害者の方々の救済をまず第一に考え、提訴せず問題の早期解決を図るべきと知事に対して要請を出してきました。

今回、県が提訴せずに被害に遭われた方々との早期の和解を選択したことは正に知事の政治的な決断だったと思います。  

Posted by 青山大人 at 2012年06月08日 23:00Comments(0)県政

美川憲一さんと共演?

昨晩は毎年恒例の地元カラオケ大会にお招き頂きました。ご存じの方も多いと思いますが、カラオケが苦手の青山。そこで昨晩は美川憲一??さんが応援に駆けつけてくれました。会場は大盛況\(^-^)/さすが太郎さん。


そして今日は朝から、大切な方の告別式と大切な方のご子息の結婚式へ。

たくさんの方の人生の節目ふしめに立ち会うことが多いです。涙しそうになった今日でした。  

通学路の危険個所をチェック


地区の役員の方々と通学路を実際に歩きながら危険個所のチェック。地区の方々と連携しながら改修に努めていきます。市内他のいくつかの地区からもお声がかかっているのでこれから現地へ行きます。

通学路は市道がほとんどですが、一部県道のところもあります。県と地区とのパイプ役になりますので、どんどん青山を使ってください。  

QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」