モンブラン、タルトタタンそしてパンプキンパイ

先日、県議会総務企画委員会において、茨城県北へ現地視察へ。まずは大子町のフィルムコミッションの取り組み状況。

写真の上岡(うわおか)小学校はNHKの連続テレビ小説「おひさま」のロケにも使われたところ。訪れた日もあいにくの雨にも関わらずたくさんの見学者で賑わっていました。

フィルムコミッションはロケ班の宿泊や食事、地元エキストラの募集などの直接の経済効果とその後の観光地としての波及効果が期待されますが、映画やテレビで公開されるまでは、お伝えてできない場合などどこも抱えている問題は似通っております。自分がクローズゼロⅡのロケを土浦へ誘致した時も同様でした。ただし、制作会社に気に入ってもらえると今後もロケ地として活用してもらえるなどといった利点も多々あります。

また、大子町では、イノシシの被害が近年増加しているとのこと。しかも最近はイノブタという、イノシシの雄と豚の雌の繁殖力の強い新種が異常に増えているそうです。猟友会のメンバーの高齢化、イノシシが放射線セシウムを含んでいるといったこともあり、対策に手こずっているとのこと。また、原発事故依頼の風評被害で、観光客が激減し、ようやく最近、観光客も前年度の65%まで回復したが依然として厳しい状況であるとの町長からの報告も受けました。

次に古民家を活用した事業として、高萩の県指定文化財「穂積家住宅」において、期間限定でオープンしたスイーツカフェを視察。女優川島なお美さんの旦那さんでもある鎧塚俊彦さんにご協力いただき、地元食材を活用した美味しいスイーツを食することができます。

写真は左上から時計回りで、「笠間市岩間産の栗を使ったモンブラン」、「奥久慈産のりんごを使ったタルトタタン」、「日立市十王産のかぼちゃを使ったパンプキンパイ」です。12月4日までの期間限定です。是非、一度遊びに行ってみてください。

最近、筑波山ろくの古民家の保存と観光利用へと取り組んでいるボランティアの方々から相談を受けました。こういった形で行政とのタイアップができればと思います。

全く話は変わりますが、移動中のバスで大子町のりんご園を通過した時の一コマ。ある先輩県議がりんごを見て、島崎藤村の「初恋」を暗唱し始めました。

まだあげ初(そ)めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛(はなぐし)の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅(うすくれない)の秋の実に
人こい初めしはじめなり

わがこころなきためいきの
その髪の毛にかかるとき
たのしき恋の盃を
君が情(なさけ)に酌(く)みしかな

林檎畑の樹(こ)の下に
おのづからなる細道は
誰(た)が踏みそめしかたみぞと
問いたまうこそこいしけれ

恐れ入りました(/- -)/  

Posted by 青山大人 at 2011年11月14日 13:05Comments(0)県政

47位②ほしいも学校とスティーブジョブズ

先日の県議会総務企画委員会では、茨城の広報戦略という観点からお二人の専門家の方にご講義頂きました。まずは、青山学院大学名誉教授の小林保彦先生。

先生曰く、「これまでのような、TVCM、新聞広告、マスメディア広告のマニュアル型マーケティングは、東京、京都、神戸、横浜、北海道などには適合するかもしれないが、茨城県が無理にそういったこれまでのマーケティングスタイルに合わせる必要はないであろう。特に、大震災、原発被害で生活のスタイル、価値観が大きく変わった今、広報スタイルも変わるであろう。茨城県の地味で良いとこと、地味で派手なところを活かし、茨城の内部資源を見直し、県民一人ひとりが広報マンとして認識してもらうことが大切ではないだろうか。」とのこと。

ほしいも学校の話は知らんかったです。自分ももっと茨城のことを勉強しないと。

二人目の方は、独特の風貌と熱い語り口の軽部政治さん。スティーブジョブズを尊敬しているとのこと。映画「おくりびと」の脚本家小山薫堂さんと共に株式会社オレンジ・アンド・パートナーズを立ち上げた方で、東京スマートグリッドの仕掛けや、あの日光金谷ホテルの再生を手がけけた方です。最近では、小山薫堂さんのご出身の熊本県の広報にも関わっているそうです。

頂いたレジュメの表紙「茨城がもったいない」とのキャッチにまずはビビッときました。スティーブ軽部さん曰く、「言いたいことと聞きたいことは違う。そもそも消費者は聞きたくない情報を聞かされているのだ。そのことをまず理解し、発信者が消費者の聞きたい情報に置き換えることが大切。その際まず、何を誰に伝えたいかを整理した上で、伝える内容にストーリを創る。みんなが参加しやすい機運を創る。そして、消費者が見たり、聞いたりして何となく心に響いて泣けてくること」

うーむ。さすが、納得。

  

Posted by 青山大人 at 2011年11月14日 10:11Comments(0)県政

47位①

先日、県議会総務企画委員会において、「いばらきのイメージアップに係る現状、課題及び今後の展開」という議題で議論が行われました。

先日、民間の調査会社が実施した地域ブランド調査なるもので、茨城県が「魅力度」で3年連続最下位(47位)という結果になってしまいました。過去、この地域ブランド調査の結果が出るたびに、県議の中にもこのことを気にされる方もおり、本会議の一般質問で取り上げる方もいました。ただ、私自身はこの地域ブランド調査自体の意味合い(調査方法も含めて)に非常に疑問を持つ一人であります。

茨城県の「魅力度」が低い=観光客が少ないと結びつけてよく議論されますが、そもそもこの地域ブランド調査の「魅力度」の順位が上がったところで、茨城県への観光客が格段に増えるとは思えません。「魅力度」のトップ10を見てみると、北海道、京都府、沖縄、東京、奈良、神奈川、大阪、長野、兵庫、福岡といった、そもそも観光地や大都市といえるところが上位を占めていることが見てわかります。

むしろ、このブランド調査を県政に活用するのであれば、調査項目の詳細の中で、「学術芸術のまち」、「IT・先端技術のまち」、「教育・子育てのまち」といった茨城県が上位に位置づけられている、客観的に評価されている強い分野に今後も茨城県がより力を入れていくべきと判断する一つの材料だろうか。(因みに「住民参加のまち」で茨城県が全国11位となっていることからもこの調査がいまいち信憑性に欠けると感じる)

いずれにせよ、現在、そして今後の茨城県のイメージアップ戦略の取り組みを見ていると、観光に特化したものが多く感じられる。そこで私はあえて県外からの茨城県への定住人口増加のためのイメージアップ戦略に特化すべきと主張させて頂きました。

というのも東日本大震災があった3月から7月末までの5か月間で、茨城県の人口が1万179人減少してしまったからです。(因みにその内、外国人が3118人と全体の3割。昨年1年間の人口増減数は4541人減)日本が人口減少社会に入ったと言われている中で、茨城県が全国に先駆けて人口増加のモデルケースになる戦略を展開していきたいと思います。

  

Posted by 青山大人 at 2011年11月14日 08:25Comments(0)県政
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」