新潟富山視察(総務企画委員会)

7月27日から29日まで、県議会総務企画委員会で新潟、富山へ視察に行きました。まずは、新潟県庁へ。新潟県では4年前の平成19年7月、中越沖地震により、原子力発電所が立地している地域の被災で、宿泊客のキャンセルが県内全域で広範に発生。特に時期的に、夏の観光シーズンと重なったため風評に伴う被害が発生(因みに海水浴客は対前年比半減。391万人→200万人)。その時の対策を今後の茨城県政の施策に生かそうとのことです。

新潟県庁の担当者の「県民やマスコミに正確な情報を提供。その地道な積み重ねが重要。安心、安全という言葉を使わない。数値を示しながら、客観的なデータの提供。良い数値も悪い数値もすばやく提供することが大事」との説明が印象に残りました。また震災後、NHKの大河ドラマ天地人のロケもあり、平成19年に6万8千人まで落ち込んだのが、2年後には7万4千人まで回復したとのことです。

二日目は、観光カリスマで新潟県議の矢野学さん(元町長)から上越市の田舎体験事業について説明を頂きました。田舎体験事業についてよりも、矢野さんの町長時代のお話や合併の時の話が興味深かったです。上越市は全国初の区選制をとっているそうです。平成17年、人口13万の上越市に周りの13町村が合併したため、合併後の行政サービスの低下が問題となっているそうです。現在では、行政機能を担うNPOを立ち上げ、市から委託を受けて住民サービスを代行するシステムを取っているようです。
視察先の雪だるま財団では、「雪」を資源ととらえ、ポジティブな発想で、雪をエネルギーととらえ経済活性化へ結ぶつける取り組みもしております。写真は雪冷房です。

  

Posted by 青山大人 at 2011年07月31日 17:10Comments(0)

被災した県指定文化財をどう修復していくか


昭和55年に県指定文化財に指定された矢口家住宅(土浦市中央)。東日本大震災により、大きな損害を被りました。この建物は天保年間19世紀中葉に建てられたものとのことです。因みに土浦では天保12年(1841)9月12日の大火事の後、町屋に瓦屋根と土蔵造りが出現したそうです。

現行制度では、県指定文化財に対する国の補助制度がありません。県も県議会でも国に対して支援制度を作るよう要望をしておりますが、まだ見通しがたっておりません。また、地元としてもこのような貴重な建物を残していかねばなりませんが、所有者個人の負担ではとうてい修復することができません。今後の大きな課題です。  

Posted by 青山大人 at 2011年07月25日 22:05Comments(0)

放射線等にかかる県の対応についての集中審議(特別委員会にて)

本日は、東日本大震災復興・元気ないばらきづくり調査特別委員会にて、放射線等に係る県の対応についての集中審議が丸一日行われました。私からは以下の点について質問いたしました。

①県では精力的に県内各地について放射線を測定しており、その結果を公表しているが、測定方法についてバラつきがある。県として統一的な基準を設けて公表することが必要なのではないだろうか。原子力がある東海や大洗など10市町村には以前から、固定放射線測定局があるが、これはそもそも空間線量を測定するものであり、地上から3.5mで測定。福島第一原子力発電所の事故以降、北茨城、高萩、大子に設置された可搬型のモニタリングポストは地上2.1mで測定。それ以外の31市町村はモニタリングカーで地上1mで測定。また、県営都市公園や県立学校は地上1mで測定。さらに、各市町村もそれぞれ独自の測定方法。これでは、いくら測定結果を公表しても見る側からしたら、比較することができない。もちろん地上に近い方が高い測定値が出るし、県民生活に与える影響という観点から測定するのであれば、地上1mで測定すべき。そういったことを踏まえ、県として統一の測定方法を出すべきではないだろうか。

(県の答弁)地上1mで測定という統一の基準をだす。

※因みに福島第一原発事故前の県の放射線量の値を聞いたところ、平均して0.03~0.08μsv/hだったそうです。

②常総市において、プール清掃をした際の泥土から、1㎏あたり17020ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが分かった。これは国の示した許容基準の2倍にあたる。子どもたちも一緒に清掃をしており、父兄からは心配の声が上がっているにも関わらず、当初の県の見解として、「掃除の後きちんと手を洗えば大丈夫」のような発表をしているが、これは県の放射線に対する認識として極めて甘いのではないだろうか。

③学校給食について、今後はより不安に思う父兄さんが増えてくると思う。食品汚染の実態を把握して児童生徒への内部被曝のリスクを透明化すること、学校での安全性や放射能フリーの給食を確保することを徹底することを要望する。

(県の答弁)7月1日現在、47校129人が給食全てを停止、63校283人が牛乳のみを停止している状況である。給食の食材については、牛肉に比べ、豚肉・鶏肉の使用頻度が高い。また、牛肉を使用する場合、産地はオーストラリアが多い。また、父兄の間に給食に使用する食材は市場に出回っている安全基準を満たしたものとは別のものを使用しているのではないかという誤解もあると聞いている。実際は、現に市場に出回っているものと同等の安全なものしか使用していない。安全だという周知徹底をきちんとはかっていきたい。

④計画停電を回避するために県もさまざまな節電対策を推奨しているが、電力需給ひっ迫時の最終的な状況の中で県民一人ひとりがどのような対応をとるかということをきちんと共有することが大切ではないだろうか。電力使用率予測が97%以上になった際の国の対応は、需給ひっ迫警報発令をマスコミ広報や県、市町村へ通報。東京電力は県、市町村へ電話及びファックスで通報、市町村に対し、防災無線・広報車巡回等による住民広報を要請、ラジオ広報の実施とあるが、いざ、そのような警報が出たところで県民一人ひとり何をしたらいいかわからなければかえってパニックになってしまうのではないか。(因みに電力使用率予測99%で計画停電の実施)
常日頃の節電ももちろん大切であるが、そのようなひっ迫時に県民一人ひとりが例えば、エアコンを消すとか、パソコンを消すとか、また病院や福祉施設はその適用除外であるとかの認識をきちんとマニュアル化して事前に周知徹底すべき。

(県の答弁)そういったマニュアルを策定し、きちんと県民へ周知徹底するようにする。

⑤茨城県工業技術センターにおいて、県内中小企業の工業製品の放射線量の持ち込み検査を実施している。(企業負担はなし)農産物または、農産物の加工品いついても事業者が持ち込みで検査できるような体制を県で構築するべきではないだろうか。

(県の答弁)工業製品については国の制度もあり、持ち込み検査を実施しているが、農産物の持ち込み検査については今のところない。それもあり、県として農産物の放射線検査体制を充実させている。今後も、県として、農産物の検査体制を充実させていく。

⑥在庫があまりないといわているガイガーカウンター。今後、需要も増えると思われる。これを産学官連携、県を上げて製造できないか。
  

Posted by 青山大人 at 2011年07月20日 23:30Comments(0)県政

大畠国土交通大臣

昨日、地元の高速道路に関する長年の懸案事項について大畠国土交通大臣のところへ地元の方々と一緒に陳情へ伺いました。

大変お忙しいところ、国会日程の合間をぬって30分近く時間を頂き、有意義な意見交換をすることができました。県連幹事長の長谷川県議も日立から駆けつけてくれました。
  

Posted by 青山大人 at 2011年07月16日 22:39Comments(0)

輪番休業にともなう休日保育実施の状況

今夏の節電対策で県内の企業の休業日が週末から平日へ変更されたことを受け、県内の自治体において休日保育を実施する市町村が増えました。既に実施の市町村と合わせて29の市町村90の保育所(内7月から新たに実施が36)で休日保育を実施しております。

7月から休日保育を実施する市村とその保育所数は、古河市7(8)、ひたちなか市6(7)、日立市5(11)、鹿嶋市4(6)、石岡市2(5)、水戸市1(10)、かすみがうら市1(3)、東海村1(3)、龍ヶ崎市1(2)、常陸太田市1(2)、取手市1、守谷市1(2)、桜川市1、常総市1、土浦市1、那珂市1、つくば市1です。

※()内は既に実施されている保育所との合計数。

詳細はそれぞれの市町村のHPをご覧になってください。
  

Posted by 青山大人 at 2011年07月10日 21:25Comments(0)県政

2011年後半スタート

2011年も後半が始まりました。2期目の初登庁をした1月11日が遠い昔のように感じられます。

(写真は初登庁の時の様子。県の職員さんから新しい議員バッジを頂いているところです。)

初登庁からちょうど2カ月後の3月11日にあの大震災が起きました。震災前後の自分のブログを振り返っても、改めてあの大震災のもたらした影響を実感します。言うまでもありませんが、震災からの復興復旧へはまだまだこれからです。

さて本日は、県議会の総務企画委員会で坂東市にあるLIXIL の太陽光発電装置を視察しに行きました。今年3月に稼働したこの装置は最大で一般家庭約1000軒分、隣接するLIXIL の工場主電力の約35%を発電できるとのことであります。発電した電気はパワーコンディショナで変換されて工場送られるとのことでありますが、パワーコンディショナを稼働させる電気は電力会社から買っている電気で動いているため、停電時はパワーコンディショナが動かなくなってしまうため、太陽光で発電した電気は現時点では使えないとのことです。

パワーコンディショナを自家発電で補う技術や太陽光で発電した電気を蓄電する技術はあるとのことですが、コスト面や制度面で実用化には踏み切れないとのことです。これは一般家庭用の太陽光発電についても同様に言えるようです。今後の電力政策の大きな課題と言えます。

最初の話に戻りますが、半年が経過したということは、任期4年のうち8分の1が経過したということです。あっという間です。これからも一日一日を大切にしていきます。  

Posted by 青山大人 at 2011年07月01日 23:06Comments(0)
QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」