こういうこともやっております。

県内県外問わず、茨城県農産物のキャンペーンが行われています。

茨城県は昨年度、農産物出荷額が全国第二位に返り咲き、今年度は県をあげて本格的な海外進出事業を立ち上げていた矢先の原発事故、そのショックはとても大きいです。

辛いですが、くよくよしてばかりいられません。

ピンチをチャンスに。

都内の飲食店で茨城県の農産物を使いたいとの嬉しいお話も頂きました。現在、直売所や生産者のご協力を頂きながら、都内へ継続的な新規販路の拡大を行っております。

是非、ご協力頂けるお店の方がいれば、ご連絡ください。   

Posted by 青山大人 at 2011年04月30日 17:45Comments(1)

潮来市日の出地区

先日、ヤングリーブズの方々と一緒に潮来市日の出地区へボランティア活動。
  

Posted by 青山大人 at 2011年04月29日 17:43Comments(1)

県議会総務企画委員会の続き

昨日の総務企画委員会の後半は、今回の災害対策における情報発信について。3月11日以降の県の取り組みの経過説明と、共同ピーアール株式会社の菅原さんを委員会に招き、専門的なご提言(風評被害発生時における情報発信)をいただきました。

菅原さんからの提言の中で印象的なものをいくつか、

・沈黙は肯定を受け取られる(何も言わないのは”その通り”だと思われる)
・風評被害消滅の条件は、事実で証明、時間の経過で関心が低下、もっと強い別の風評の出現
・推論を交えない、加えない(いずれこうなるだろうというのは、悪気がなくても一人歩きしていく)
・一般の方がわかるような説明(この話は小学校5年生にもわかる話か?理解してもらえければ意味がない。わからない人が悪いのではなく、わかって貰えない発信側に問題がある)
・組織内にいくつもの発信元をつくらない
・誠実、丁寧かつ頻度を重視(理解してもらうことが重要。おのずから丁寧にならざるを得ない)
・ビジュアル、データを揃える(文字情報を補足するため、説得力を持たせるためにも見てわかるものを用意する)
・ネガティブ情報も発信(信頼を勝ち取るために最も大切なこと)

なるほど。とても参考になりました。私の方からは、

①震災以降、茨城県HPの震災情報はタイムリーかつ有用な情報発信がなされているが、震災から一ヶ月がたち、情報量が多くなりすぎていると思われる。そろそろ情報整理をする時期に入っていると感じるので、県民から問い合わせやニーズが高いものを中心に整理するべきではないか。
②当初の検査において放射線量の基準値を下回った農産物についても、敢えて継続的に検査を実施し、その結果を公表していくのが、消費者にとって安心感につながるのではないか。(これはブログをご覧の皆さまからいただいた多くのご意見を参考にさせていただきました)

などを提案いたしました。



  

Posted by 青山大人 at 2011年04月27日 12:47Comments(0)県政

GWは那珂湊へいかがでしょうか?


(写真はひたちなか海浜鉄道株式会社のHPから使用させていただきました。)

県議会総務企画委員会が開かれました。前半は県内の公共交通の被災状況と公共交通の確保について議論。鹿島臨海鉄道の斎藤副社長、ひたちなか海浜鉄道の吉田社長にもお越しいただきました。

私の方からは、
①県内鉄道で現在の災害復旧事業費の補助制度の対象となるのは?
②県内鉄道で現段階での大まかな災害復旧費の額?
について質問しました。それについて県の企画部長から、

「県内では、鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道、つくばエクスプレス、関東鉄道、真岡鉄道の5つが対象となる。鹿島臨海鉄道約25億円。ひたちなか海浜鉄道約3億円。ただし、代行バスの経費は現行制度の補助対象外。そもそも、現行の災害復旧事業費補助制度は阪神淡路大震災の時にできたもの。阪神淡路大震災は大都市での災害で比較的経営が安定している路線が多かったが、今回は、茨城はじめ被災したローカル線が多く、現行の補助率2分の1(事業者が2分の1、残り2分の1のうち、国が4分の1、地方自治体が4分の1)では事業者負担が重くのしかかる。今後、補助率の嵩上げ必要。地方自治体の負担軽減も同時に国に対して働きかけているところ。また、鉄道復旧を最優先に全力を尽くしており、全体の鉄道災害復旧費の額については、被害が大きくまだ全容をつかめていない状態。改めて6月議会で報告する」との的確な答弁がありました。

先日は大畠国土交通大臣が県内鉄道の被災状況を視察に来てくれました。今後、国の方で新制度が設計されることを私も地方議員として強く国に働きかけていかないなと改めて認識。

因みにひたちなか海浜鉄道は地域密着で色々なイベントを行っているんですよ。直近では、5月1日(日)に、通常では、不可能な車両の連結を行い、車両お披露目会及び撮影会や毎月やっている野菜直売会も特別に停車列車の中で販売を行うみたいです。築約100年を誇る那珂湊駅舎も無事のようです。

こういったイベントに行くのもみんなでできる復興支援の一つ。ぜひ、GWにひたちなか海浜鉄道に訪れてみてはいかがでしょうか。みんなで応援しましょう!!  

Posted by 青山大人 at 2011年04月26日 22:42Comments(1)県政

統一地方選挙を終えて

統一地方選挙が終わりました。

一言で感想を言うと、

民主党惨敗。

もう一言付け加えると、

政党の看板頼りの候補者は、当選できない。


今回の統一地方選挙で多くの仲間を失ったことに対して菅総理はじめ、党執行部の方々はどのように感じるのか。
  

Posted by 青山大人 at 2011年04月25日 03:10Comments(0)

敢えて掲載しました。

今日は統一選挙の後半。皆さまは投票へ行かれましたでしょうか?

さて、お蔭様でブログをご覧頂いた方から、コメントやメールにて貴重なご意見が寄せられており、感謝しています。メールで頂いた方には、なるべく返信をしております。(全て返信できてなくてすみません。)

さて、以下のコメントが来ました。おそらく私ではなくて別の方と勘違いされていると思います。これが私だと勘違いされることに耐えがたいというか、つらいので敢えてブログに掲載しました。

内容を見る限り、おそらく市議会議員選挙の候補者の宣伝カーこのことだと思いますが、当然私は市議会議員選挙の候補者ではありませんし、今回私は、土浦市内のどの候補者の宣伝カーにも同乗することはなかったです。このコメントを送ってくれた方はとても怒っていると思いますし、このような危険な行為をされては怒っても当然の行為だと思います。もし、このコメントを送ってくれた方がこのブログを見ていただけたら、再度メールかコメントを送っていただけないでしょうか?

以下そのコメントの内容です。



で? 先日は子ども達の下校中の中、車で住宅街を猛スピードで曲がってくれてありがとうございました。 変ですよねぇ、これから人の上に立つと言うのに、子ども達の安全も考えない人が本当に立てるのでしょうか。 それで次の日はその猛スピードで曲がってくれた所で「よろしくお願いします。」と言っていましたね。 ものすごく腹が立ちましたよ。 あなたは何を言っているのですか?それとも私達、子ども達を危ない目にあわせたのに何も感じないのですか? 同じ場所に来てただお願いするだけ。どうせ気づいていないのでしょうね^^ 自分を紹介するだけで、周りには目がいってないんですよね^^ あなたみたいな人がいるから国はダメになるんだよ。 考えて行動してくださいね。 ドライバーの責任にしないようにしてくださいね。 あなたの責任です。

  

Posted by 青山大人 at 2011年04月24日 19:16Comments(0)

一通のメール

ある衆議院議員から下記のメールがきた。現在、その方は内閣の政務三役も務めている。私と同じ考えなので、そのまま引用させていただきます。是非、実現してほしい。



今震災復興の財源に増税論が声高に主張されています。しかし、増税論は経済学的にも見ても歴史的にも見ても明らかに間違っています。特に復興の第一が増税と言うのは全く理解ができません。

世界最長のデフレにより日本経済が停滞し長期的な不景気が続く中で、不幸にも今回の震災が起きました。
震災により更に日本全体の経済活動が著しく落ち込んでいる中で、消費税などの増税を行えば内需の六割以上を占める個人消費が落ち込み、更に日本全体の景気が悪化し、税収がより一層落ち込むことは過去の歴史が証明しています。


景気後退時の増税はかえって景気を悪化させるためやってはならないことは世界の常識になっています。平時においてすらそうなのです。それも千年に一度と言われる大災害時であれば尚更です。

アメリカではフーバー大統領が大失敗して以来経済学の常識になりました。

日本でもかつて橋本龍太郎内閣の時に消費税を3%から5%に引き上げましたが、当時予算委員会で大蔵省はこの増税により4兆円税収が増えると言っていました。
しかし現実には個人消費が落ち込み税収が反対に4兆円も減り、差し引き8兆円も予算に穴が空き、金融恐慌まで引き起こしてしまったのです。

10年前私が衆院大蔵委員会で景気後退時の消費税増税が更なる不景気を引き起こした政策ミスを問い質したところ、宮沢大蔵大臣が正式に判断ミスを認めた代物なのです。財源は、日本復興支援債など無利子だが相続税を非課税にするなど30年物の長期国債を発行するなど広く国民から募る知恵を絞るべきです。

また、橋本内閣までは純粋な借金である赤字国債と将来子供たちも利用し財産にもなる公共物の建設に使われる建設国債とは明確に区別されて来ました。橋本内閣での急激な税収の落ち込みにより赤字国債と建設国債を一緒に考えるようになってしまったのです。この震災を契機に赤字国債とは明確に区別し、建設国債を積極的に発行することにより財源を調達すべきだと思います。

世界的な経済予測システムによる試算でも建設国債の発行により公共投資を継続した場合、GDPが拡大し税収も増え、対GDP比の借金が相対的に減少すると報告されています。

民間企業と異なり国家の財政は短期的な視点はなく、中長期的な視点から財政均衡を考えるべきなのです。


『賢者は歴史に学ぶ』と言います。同じ過ちを二度と繰り返してはなりません。同じ過ちを繰り返すことは日本民族の未熟さを世界中に晒すばかりか、日本発の世界恐慌を引き起こす危険性もあるからです。

現時点での増税は論外なのです。


  

Posted by 青山大人 at 2011年04月23日 23:15Comments(1)

土浦周辺の放射線量の推移をHPトップに掲載しました。

土浦周辺の放射線量の推移をHPトップに掲載しました。

単位に注意してください。マイクロシーベルトです。マイクロシーベルトのミリシーベルトへの換算については、3月22日のブログにおいても書いておりますので、是非ごらんください。  

土浦市議会議員選挙



土浦市議会議員選挙が始まりました。今回の選挙は、東日本大震災後ということで、選挙カーを自粛する陣営も多いとのこと。普段の選挙とは異なる雰囲気ですが、やはり市議会議員という一番身近な議員の選挙であります。

それぞれの候補者がどのような政策を訴えているか、現職の方についてはこれまでどのようなことを取り組んできたのか。また、被災地でもある土浦を、震災を乗り越え将来どのような街にしていくのか。

そういったことに耳を傾けて皆さまの貴重な一票を投じていただきたいと思います。  

Posted by 青山大人 at 2011年04月19日 00:06Comments(0)

市民を代表して感謝。そして視察。

県内を中心にいくつものお店を展開するスーパーの食品売り場を視察。このスーパーは3月11日の地震の翌日も閉店することなくオープンしてくれました。そのことについて、私のところへも「従業員の方々も被災されているにも関わらず、買い物をできて感謝してます」というようなメールをいくつか頂きました。

今日は市民を代表して感謝の言葉を述べるとともに、店内の売り場の方々から茨城産の野菜についての消費者の動向などをお聞きすることが出来ました。


その後は、地域の方々から震災による道路等の補修要望箇所の現地調査やこれまで要望があった場所について、県に伝えた箇所のその後の状況を見て回りました。

新治地区藤沢新田から、桜川を渡り、つくば市へ抜けるところの道も応急措置がなされており、通行できるようになっておりました。県の土木部は、現在もフル稼働で頑張ってくれております。  

河川敷を歩く。気持ちいい。

地元の方々が「乙戸川の河川敷を散歩道へ」という団体を立ち上げました。今日はその2回目の集まり。実際に乙戸川の河川敷をみんなで歩いてみました。



乙戸川は河川改修が全て完了していなく、未改修のところもまだあります。未改修のところは、地震の影響で、削れているところもあります。


こうやってゆっくり散歩するのもいいですね。  

今日のお気に入りショット

今日はもう寝ます。

起きたら改めて今回のいわき報告をブログにアップします。

おやすみなさい(-.-)Zzz・・・・
  

Posted by 青山大人 at 2011年04月14日 01:07Comments(0)

今日の日程終了

夕方からのステージも無事終了。

楢葉町といわき市の皆さまの笑顔と涙に思わず自分も目が潤んでしまいました(>_<)

これから地元へ帰ります。

RYUさん、バンドー太郎さん、ゆうぞうさん、そして地元サンシャインTVさん、いわき市議の福嶋さんありがとうございました。
  

Posted by 青山大人 at 2011年04月13日 21:38Comments(0)

最初のステージ終了

がんばっぺいわき!

次の避難所へ向かいます。望洋荘の皆さまありがとうございました。

  

Posted by 青山大人 at 2011年04月13日 15:51Comments(0)

ゆうぞうさん

最後は、ゆうぞうさんによる加山雄三のヒットメドレーです。開場は大盛り上がり(^-^)
  

Posted by 青山大人 at 2011年04月13日 14:19Comments(0)

バンドー太郎さん

いわき最初のステージが始まりました。まずは、松山千春さんです。
  

Posted by 青山大人 at 2011年04月13日 13:42Comments(0)

またまたいわき市に来ました。

今日は、いわき市内塩屋岬近くの2ヶ所の避難所で、ものまねステージを企画。現在、打ち合わせとリハーサル中です。

土浦ものまね居酒屋座長のRYUさん(取手市議)の協力により、バンドー太郎さんやゆうぞうさんも駆けつけてくださいました。

避難所生活も1ヶ月を過ぎ、また先日の大きな余震もあり、まだまだ大変ないわき市。そんないわきの皆さまへ少しでも元気を届ければと。

地元のネット放送局いわきサンシャインTVでも生放送予定です。最初のステージは13時30~です。PCから見れますよ(^-^)v  

Posted by 青山大人 at 2011年04月13日 12:38Comments(0)

桜も咲いてきましたね。



土浦第二高等学校の桜がきれいです。

地震の影響で、道路に面している体育館の屋根が破損。地域の方から危険との声があり、早速現地調査へ。

もちろん学校でも危険を認識しております。早速、茨城県教育庁に現状を伝え、協議した結果、至急対応してもらえることになりました。明日、修繕のための足場を組み、早速補修作業に取り掛かるとのことです。今月末には修理も完了するとのことです。迅速な県や学校の対応に感謝です。



写真ですと、破損部分が見にくいですね。

今日は、茨城県農産物の風評被害対策の打ち合わせが多かったです。明日は、再びいわきです。

(つくば桜スポット2011)



  

JR常磐線の運行状況の続きの続き

JR常磐線の土浦~勝田間はもう間もなく線路の点検が終わるとのことです。その点検の結果、運行を再開できるか判断するそうです。

なお、勝田~いわき間は今日中の復旧は厳しいとのことです。  

土浦市水道復旧

土浦市役所職員の方々のご尽力により、市内一部地域で断水していた水道は復旧したとのことです。
  

QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」