あと2日

1007091.jpg
本日も、毎朝恒例の地元企業の方からご協力をいただいての朝礼から始まりました。
今日は本人も一緒でした。因みに朝礼は4件。
1007092.jpg
その後街宣車に合流。
1007093.jpg
たくさんの方が民主党候補の演説を聞きに来ていただきました。
1007094.jpg
お忙しいところありがとうございます。あと残りわずかです。  

お知らせ

100707.jpg今日も朝から民主党候補支援のために地元スーパーの朝礼に参加し、候補者の支持を訴えました。

尚、7月9日(金)土浦市内における民主党候補の最後の街頭演説が急遽決まりました。
①10時45分~ 旧関東つくば銀行本店前(土浦市中央2丁目11)
②11時15分~ 小松郵便局前(土浦市小松1丁目5-1)

当日は、榛葉防衛副大臣も応援にやってきます。
ぜひ候補者の考えやこれまでの取り組みなど生の声を聞いていただきたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。  

いよいよ終盤戦突入

本日も、早朝から民主党候補応援へと奔走いたしました。

1007051.jpg
早朝、土浦駅での第一声。

1007052.jpg
早朝から多くの方達から、ご協力いただいております。

1007053.jpg
続いて今日は各地区の農協さんで、街頭させていただきました。ブラックベリーを栽培している青山も、農政についてとても関心があります。尚、写真左に写っているのはお忙しいところ、岩手県から応援に駆けつけてくれた平野参議院議員。

1007054.jpg
つくば駅前でも多くの人達に応援に来ていただきました。

1007055.jpg
最近司会役が多い青山。  

土浦市消防団操法大会

100704.jpg本日は土浦市消防団の操法大会。昨年、一昨年と2番員選手で出場いたしましたが、今年は選手ではなくサポート役として大会に臨みました。
 やはり操法大会は、毎年燃えます。

今年優勝されました33分団(土浦市藤沢地区)、郡大会へ行っても頑張ってください。
 因みに準優勝は17分団(沖宿地区)。第3位は16分団(手野地区)でした。
 上位入賞の分団はそれぞれ見事な演技でした。  

ブラックベリー畑の様子

100703.jpg青山ブラックベリー農園がいつの間にか、草だらけになってしまいました。

ブラックベリーが甘くなるためには、酸性の土壌が適していますが、この土地は窒素やリンが豊富な土壌であります。
ですがこうやって草が伸びることで、窒素やリンを草に吸ってもらうのも重要な手段と通りかかった農家の方に教えていただきました。勉強になります

夕方の涼しい時間を利用して、仲間達と草刈りをしました。
草刈りって不思議なもので、草を刈っているいるうちにいつの間にか何も考えず無心の状態になります。  

ドクターヘリ運行開始

100701.jpg本日は、民主党の大型車で土浦、かすみがうら、石岡を街宣活動。民主党に対する大きな声援がある一方、厳しい声もたくさんありました。

さて、茨城県ドクターヘリが今日から運行開始となります。ドクターヘリは機動性が良く、50kmを約15分で飛びます。つまり、県内全域、30分以内で高度な救急医療を提供する体制が整備されるため、救命率の向上、後遺障害の軽減を図っていくことが期待できます。
 ドクターヘリを置く基地病院を国立病院機構水戸医療センター(茨城町)と水戸済生会総合病院(水戸市)にし、二つの病院の共同運航方式をとっております。ただし、このような二つの病院の共同運航方式は全国的にも稀なケースであります。
 青山は昨年保健福祉委員会において、基地病院の選定にあたっては、千葉県のドクターヘリで患者受け入れ経験があり、医療スタッフも充実している県南の病院で一度導入し、県央の病院で十分な医師確保ができた段階で県央に基地病院を移すのも一つの考えではと述べました。
 というのも一人でも多くの命を救うための一つの施策としてドクターヘリを導入するのに、単にドクターヘリを導入することが目的になっているような気がしたのと、共同運行方式で適切な運用ができるのかと疑問をもったからです。いずれにせよ、県としては今日の運行に向けて、円滑な運用ができるよう、さまざまなシミュレーションを行ってきました。

因みにドクターヘリは、年間約1億7000万円の経費がかかりますが、県負担はその4分の1の約4250万円。さらに県の財政力によっては、さらに国の補助が加算されます。
 今回の導入による効果を見てからですが、将来的には、県南地域に2台目のドクターヘリが導入できないか検討していきたいと思います。  

QRコード
QRCODE
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、しかし比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」