参院選もあと数日

参院選もあとわずかです。
国民民主党の政策パンフレットは、党のHPからダウンロードすることもできます。
https://www.dpfp.or.jp/election2019/answers





国政選挙の全国における投票所数は2001年がピーク(53,439か所)だったそうで、市町村の統廃合や人口減少で、現在はピーク時よりも6,000か所以上減りました。

その一方で期日前投票所が充実してきており、例えばショッピングセンター内に期日前投票所があり、と利便性を高める工夫がなされてきています。

また、投票できる年齢が18才に下げられたり、在外邦人が国政選挙に投票するための申請が、これまでは在外公館(現地の日本大使館・領事館)でしかできませんでしたが、出国前に国内で事前申請できるようになりました。
できるだけ国政に、日本国民の声を反映するための制度改正が続いてきています。

ところで、以前、国会内セミナーで各国の選挙制度を比較する勉強会に参加しましたが、投票用紙に立候補者名はすでに印字されており、投票する側はチェックをいれるだけ、という方式をとる国が多く、日本のような記述式投票用紙は珍しいとのことでした。
候補者名が印字された投票用紙は、合理的だなと思いました。

参院選の応援に青山も駆け付けています。
日本のものづくりを現役議員としてこれまでしっかり支えてきた石上候補や、国政に初挑戦する青山と同世代の田村候補等、
真摯に政治に向き合う方々の存在をぜひ広く知ってもらいたいです。

候補者は皆、国の行方に自分が携わりたい、自分がやらねば誰がやると本気で考え、人前に出ることを決意した生身の人間です。

ご自身が「政治家」をめざし立候補すること、一度でも想像してみてください。意見の異なる人たち、応援してくれる人たち、そんな大勢の人たちが、たった一人の自分と向き合うことになります。

これからの6年を誰に託すべきか。






  

国会議事堂見学をするということ

国会議事堂見学の一こま。6/27のつくば市立要小の皆さんです。

いつか自分自身が政治家になって、実際に自分が国のあり方を議論する立場になりたいという人が生まれると良いな、と思います。

見学は、単に議事堂の大きさを披露する機会ではないと思って、青山事務所はいつも案内をしています。
そういう思いの人間が、この界隈に一人くらいいても良いじゃないかと思います。

自分の言葉ではなく誰かの言葉をそのまま鵜呑みにして話しているだけではなくて、自分がその立場(例えば政治家)だったらどうするのか、どう感じるのか、自分は何をしたいのかを想像をし、行動する人が、この後たくさん育っていきますように。



◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

◆国会での活動内容について今すぐ知りたい方は→今国会での登壇質疑まとめ(長文です!)

国会あれこれ(新聞の日程動静欄の話)
  

ユマニチュードのお話(名人芸ではない介護ケア技法)

看護・介護分野でのケア技法「ユマニチュード」を考案された、フランス人のイブ・ジネスト氏を招いた勉強会が議員会館で開催されました。早速、秘書レポです。

なぜかあの人が介護すると心を開くという「名人芸」だと思われていた謎が、「ユマニチュード」というケア技法として学ぶことができ、実践できる。その効果の実証や、今後、認知症ケア等にとどまらず、自閉症児の親への教育へも応用できるのではないかと、現在研究が進んでおり、発展しつつある技法です。

例えば、介護ケア中、介護を受ける人と介護をする人とが「目線」を合わせることがいかに大切か。相手の体を支えたり、相手に合わせて後ろ向きで歩いたり、と介護をする側の体勢が危うくなっても、どんな体勢となっても、介護をする人は相手の目を見つめる。前向きな言葉をかけ続ける。
このように細分化された技法が、着実に相手にポジティブな心理的効果を生み出していることが、科学的にも実証されているそうです。
市民講座でこの技法を普及させる試みなども始まっており、これからという分野のようです。


ジネスト氏の「人間の存在は、別の人間にとって薬となりうる。介護を通じて、高齢者こそが愛情を教える存在となりうる。これは科学的な話であって、夢物語ではない」という言葉が印象に残りました。

障害者安定雇用安心就労促進議連などにも青山は参加していますが色々と考えさせられます。
究極の本質は、人と人との関わり方そのものの話です。

国会は法律や制度を作ることで人を守っていくことや、未来につなげるために例えば予算配分により研究を進めることで社会をバックアップしていきます。

様々な勉強の機会、人の声を聞く機会を大切にしながら、今後も事務所一丸で青山は精進致します。

(長文お読みいただきありがとうございます)

◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

◆国会での活動内容について今すぐ知りたい方は→今国会での登壇質疑まとめ(長文です!)

国会あれこれ(新聞の日程動静欄の話)

本会議のリアル。TV中継ではマイクに拾われず伝わらない会議場という空間のぞわぞわ。  

女性にとっての今の日本社会

(この記事は5/30の青山大人Facebookからの転載です)

早弁。やまと飯。

茨城6区内での駅での朝活を終え、家に戻り、国会へ行く前の隙間時間でさっと料理(妻は出産後で実家に帰省中のため)。
でも、働きながら子育てしている女性の方にとっては日常茶飯事のことなんだろうなぁ。


発言を直接聞いた訳ではないので、発言の是非に言及はしませんが、今の日本は、
働きながら、出産できる環境や理解が十分な状況にあるのか。

3人産めるだけの生活費や教育費用がどのご家庭もあるのか。
そのための行政支援は適切なものになっているか。

不妊治療など、さまざま事情で産めない方への配慮はあるのか。

焼きそば食べながら、思いを巡らせる。

◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

◆国会での活動内容について今すぐ知りたい方は→今国会での登壇質疑まとめ(長文です!)◆  

つくばエクスプレス8両化へドンッと前進!

青山が2/27の予算委員会第8分科会で、ラッシュ時の混雑緩和&8両化を訴えたつくばエクスプレスについて、
車両8両化がいよいよ現実味を帯びてきました。
5/31に報道がありました。2019年に着工し、2030年代の利用を目指すそうです。

地元の皆様の声を、必要あればきちんと政府へ伝えていく。そして世の中が動いていく、変わっていく。

可能な限り皆様の多くにとって、充実し安心で暮らしやすい方向へと世の中が進んでいくよう、
やはり政治家という職業につく者の責任と国会活動の手応えを感じながら、
今後も地道に活動していきます。活動の様子も発信していきます。

(写真は5/31の朝の様子)



◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇

◆国会での活動内容について今すぐ知りたい方は→今国会での登壇質疑まとめ(長文です!)

  

パナマ共和国と日本や、インターン生のことなど

パナマ運河で有名なパナマ共和国の大統領が来日されております。以前も書きましたが、外国の要人が来日した際、国会議事堂周辺には国旗が掲げられます。写真はパナマの国旗です。
天皇、皇后両陛下が在位中に面会される最後の外国首脳にパナマ大統領がなったとのことです。




今日の国会議事堂前は風が強く、たくさんの桜が散ってしまいました。

さて、青山やまと事務所では、最近、20歳前後のインターン生や、新しいスタッフをお迎えする機会がありました。また、昨年夏のインターン生にも久々にお会いする機会がありました。

彼らは自分自身に意識がきちんと向いていて、かつ、他者とのかかわりの大切さもよく理解している。

他人が何をしてるとか、他人からどう見られるか、という他人基準で振り回されて毎日を生きるのではなくて、
自分はどう感じるのか、自分はどうしたいのかを基準に自分の人生を生きることに専念している。

でも、とても視野が広く、未来から現在を振り返る長期的な視点もあり、自分の今いる場所から同時代にある横のつながり、つまり今あるこの世界をもっと知ろうと、チャレンジしていく。

政治をもっと知ってみたい、と門戸を叩いた彼らです。
議員活動を間近に見て、それぞれの心に響くものを得て、インターンシップを修了されていきました。
新入りスタッフは、てんてこ舞いになりつつ、毎日とても頑張ってくださっています。
必ずしも彼らが政治家を志望しているわけではないですが、これからのご自身の人生にこの事務所での経験を活かし、ご自身の人生を存分に進んで行ってほしいと思います。

日本は大丈夫だな、と、彼らと話していると感じました。

◇はじめて青山やまとブログへ訪問された方へのご案内はこちら。◇
  

茨城県の保育関連の取組みのお知らせ

茨城県の広報誌に、地元密着型の募集記事がよく掲載されます。今年6月につくばで「G20茨城つくば貿易デジタル経済大臣会合」が開催されますが、外務委員会で青山が政府に対し関連質問をしたことがあり、広報誌を拝見していて、秘書のアンテナにピッとひっかかりました。
G20各国や会合テーマに関連するイベント・学習会などのサポート事業を県が募集しています。お問い合わせ先は茨城県HPにて。


それから、家庭的保育という制度の利用についてのお知らせの他、保育施設で働くことについての説明会がつくばイオンモールで2/19に開催されますとのこと。お問い合わせは茨城県子ども未来課029-301-3252へ。
(なお、家庭的保育を利用できるのは、茨城6区の場合ですと、つくばみらい市のみのようです。。写真画像にも記載されております。ご注意を)


写真画像では黄色の丸をつけていませんが、起業をめざすかたへの説明会もあるそうです(家庭的保育ママ起業。広報誌の画像の左下)。お問い合わせは画像内にある茨城県子ども未来課029-301-3252へ。

  

台風24号被災農家への支援策決定

本日は9時から衆議院予算委員会、そして18時から本会議だったので、大切な石岡市戦没者追悼式に参加できませんでしたが、衆議院予算委員会の合間に、石岡市や土浦市の小学校が国会議事堂校外学習に訪れて頂きました。子どもたちの笑顔を見ると、癒されます。

さて、10月1日の台風24号により、茨城県は農作物被害で約7億7千万、農業用施設被害で約1億7千万円という大きな被害を受けました。被災後、知事はじめ茨城県庁担当部局の皆さまが被害状況をまとめ、迅速に国に対して復旧支援策を要望した結果、
①被災した農業用ハウス、トラクター、畜舎などの復旧、修繕、施設の撤去費用に対して2分の1補助(ただし、園芸施設共済加入の場合のみ)
②今後アーチ部分などパイプハウスを補強する際、施工業者に発注する場合、費用の10分の3の補助、農業者が自力で施工する場合は資材の購入費の2分の1を補助。
③被災を契機に新たな耐候性ハウスを整備する際の農業者の初期投資の軽減策
という支援策を国で決定しました。


  

恋瀬川の改修に向けて現地視察をしました

8/1は恋瀬川の河川改修事業について、これまで度々氾濫する石岡市片野地区の光安寺橋から地元の皆さまのご案内で現況を視察しました。
現在は、県が中心となり、五輪堂橋から川又川合流部までの川幅が狭い区間の掘削工事を行いながら、光安寺橋の架け替えに向け、橋梁設計をするところです。国の方でしっかり予算を確保し、県の事業がスムーズに進むよう取り組んでいきます。




  

土浦商工会議所青年部から海外へ向けて

昨晩は今年度、大竹会長率いる土浦商工会議所青年部の毎月行なう定例会。テーマは「ゼロからイチを生みだしていける国、カンボジア」の勉強会でした。
国政の場から、地元を海外をつなぐため奔走しました。土浦商工会議所青年部×経済産業省×JETRO茨城と三位一体となって、さらにカンボジア国籍の猫ひろしさんも交え、新たな可能性を模索していきます。



  

農村にて。お疲れさまです!

週末、刷り上がったばかりの瓦版86号を手に農村を回りました。
86号は、決算行政監視委員会での質疑内容をメインにし、裏面は委員会での青山の様子がわかる茨城新聞記事2本を紹介しています。もちろん今週末6/17開催の政治ラボの参加募集広告も掲載中。


  

ニッポンのインフラを支える職人を支える




日本建設職人社会振興連盟主催「建設職人基本法 入魂の集い」に来賓としてお招き頂きました。
青山も落選中は、建築現場で職人の皆様と一緒に仕事をさせて頂いたことがあります。

議員立法が成立した現在も、まだまだ墜落災害による死亡事故増加等があり、法整備の成果が上がっていないそうです。

足場安全点検の法制化、安全衛生経費の明確な定義付けと末端下請まで確実な支払いの制度化などまだまだ解決していかねばならない課題があります。
しっかり取り組んで参ります!

(注:一昨年12月に「建設職人基本法」が議員立法で成立しました。)

  

過ちて改めざる是を過ちという

4/13夜に映画「火垂るの墓」を観て泣く。観て良かった。今の立場(父親、衆議院議員)になってから観るのは初めてだったし、色々考えてしまった。これからも政治を志した初心を忘れずにと心に誓いました。

4/14は小泉 元総理の講演会へ。論語の「過ちて改めざる是を過ちという」(過ちは誰でも犯すが、本当の過ちは、過ちと知っていながら悔い改めないことである)という言葉を2度引用されていました。
「総理時代も含めて原発安全神話に騙されていたのが悔しい。原発ゼロを目指す。原発ゼロに与党も野党も関係なく保守も革新もない」と強調していたのが印象的です。小泉総理の進めた政策(労働者派遣法、郵政民営化)には賛同できない部分が多いが、元総理の言葉は重いと感じました。

つくばみらい市議会議員の補欠選挙も行われました。直井たかひろさん、佐々木だいすけさんおめでとうございました。


  

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
プロフィール
青山大人

【略歴】


  • 1979年1月茨城県土浦市生まれ

  • 荒川沖小学校、土浦第三中学校(陸上部主将)、県立土浦第一高校卒業(平9/第49回卒)

  • 慶應義塾大学経済学部卒業

  • 2006年27歳で茨城県議会議員初当選(10,905票、当時全国最年少の都道府県議会議員)

  • 2010年、茨城県議会議員2期目当選(13,290票・31歳)

  • 2014年、第47回衆議院議員総選挙において85,120票を獲得するが茨城県第6区、比例北関東ブロックともに次点

  • 2017年、第48回衆議院議員総選挙において96,987票を獲得するも茨城県第6区で次点、比例北関東ブロックで当選

  • 第21回日米青年政治指導者交流プログラム日本代表

  • 土浦消防団第27分団員(平成20・21・23・25年度操法大会出場)

  • 衆議院外務委員会委員、衆議院科学技術イノベーション推進特別委員会委員


  • 【座右の銘】


    • 人事を尽くして天命を待つ

    【愛読書】


    • 吉川英治
      「三国志」

    • 司馬遼太郎
      「坂の上の雲」